奈多ポイントの紹介です。

サーフィン

奈多ポイントはウネリの向きや風などでブレイクの仕方がかわりますので当日の波チェックをお勧めします。

奈多ポイント堤防左

奈多ポイントの堤防の左側は主に北東の風を軽減することができます。

波質はメローで堤防側に行くほどサイズダウンしますので初心者の方でもサイズが大きなときは無理せずサーフィンすることができます。三苫ポイントに比べワンサイズ小さい時がおおいです。

奈多堤防左

ロングボーダーやサップの方たちなど多くのサーファーでにぎわっています。

奈多ポイント堤防右

堤防の右側は主に西風や多少の北西風を軽減することができます。例年の傾向だと、秋口は北東風そして、寒くなるにつれ西風、そして真冬になると北西風になっていきます。

ただ、軽減するといっても、爆風の場合が多くかなり寒く感じる場合が多かったと思います。

福岡では西風を軽減するポイントが少ないため貴重なポイントとなります。

奈多ポイント右

いい時はライト、レフトともにロングライド可能です。サイズアップするとテトラ沿いのカレントを使いゲットアウト可能です。しっかりカレントの向きを確認しましょう。

駐車場を利用しているのはサーファーだけではありません。釣り人や漁師の方々も多いです。海で1番のローカルは漁師です。漁師の方々の迷惑にならないようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました